So-net無料ブログ作成

子供たちからパワーをもらって~ [オーナー日記]

先週末のこと。
知人の “ふ~さん” が教えているキッズダンス教室の発表会[イベント]を観に行きました。
ダンスのジャンルに詳しくはないのですが、いわゆる「ヒップホップ」[るんるん]

下は3歳ぐらいから上は高校生まで、
総勢120名ほどの子供を束ねるのは、並大抵のことではなく
きびきびと動くアシスタント・スタッフやボランティア、保護者の皆さんの協力があって
はじめて、発表会はうまく運んでいくのでしょう。

とにかく、踊っている子供たちが素晴らしいし[ぴかぴか(新しい)] 楽しそう[るんるん]

小さな子供たちが、一生懸命、曲に合わせてステップを踏み、踊り回る様子に
親 (おばあちゃん[exclamation&question]…) の気持ちになって、ハラハラドキドキしながら
「無事に踊り終えて欲しい!」と、祈る思いで観ておりました[目]

DSC03970.JPG

少し上の学年になると、それぞれ頑張っているのだけれど
やはり “持って生まれたモノ” が、多少現れるようです[あせあせ(飛び散る汗)]
リズミ感って言うのか、ノリの良さと言うのか、舞台度胸と言うのか…

DSC03972.JPG

それでも、それぞれの個性をすり合わせながら、メンバーと心一つにして踊る…
とってもステキな時空を体験している、幸せな子供たちだと思いました。
この日のためだけに、髪を染めたり編み込みをしたり、
衣装もネットとかで取り寄せて、工夫するんだそうです。

このようなスキルを全く持ち合わせていないLucyは
はつらつと踊っていること自体が、むちゃくちゃ羨ましいのです[揺れるハート]

元気[パンチ]をいっぱいもらって帰りました[手(パー)]

では、Lucy 幼少のみぎりはというと…


nice!(6)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:AIBO

若く見られたのかしら(?) [オーナー日記]

先日、大学の先輩に
「1週間に1回はブログ更新して~」と言われたのですが
MoMoと太郎だけに任せていると、どうもネタ切れ状態なので
思い切って、ブログのタイトルに(&Lucy)と書き加えました。

まぁ~今までの内容も、
私 Lucyの日記もどきのようなものなんですけどね…(笑)

      [ー(長音記号2)] [ー(長音記号2)] [ー(長音記号2)] [ー(長音記号2)] [ー(長音記号2)]

11日の祝日は、夜中に降った雪が積もっていて、
マンションの庭では、早速、子供たちがやや薄汚れた雪ダルマを作っていました。

Lucyとおと~さん、特に予定がない休日には、ときどき映画を観に行きます。

最近の映画館に足を運んだことがあれば、ご存知だと思うのですが
夫婦50割引」 というサービスがあります。
夫婦のどちらかが50歳以上なら、料金が夫婦で2000円になるというサービス。
 (※ 通常料金=ひとり1800円)

シネコンが近くに出来たこともあり、この 「夫婦50割引」 を利用して、
この2年2ヶ月で、30本の映画[映画]を観ました。
さらにシネマのカードを作ったので、6本観たら1本無料で観れます。
つまり、1本の映画を一人およそ857円で観ています[手(チョキ)]

11日は、何を観に行こうか~とネット上で思案し
たまたま、「プレミアスクリーン」 が通常料金だったということで
『僕と妻の1778の物語』 を観ることにして、ネットで座席をゲット!
草なぎ君の大ファンと言うことではないのですけどね。
 (※ 通常のプレミアスクリーン・シングル=2400円)

シネコンの入っているショッピングモールの駐車場が混んでいて
上映開始時刻ぎりぎりに到着しました。
急ぎチケットを発行して、入り口でチケットを見せたところ

係りの若者が、「年齢を証明するモノを見せてください!」

確かに、夫婦50割引の注意書きには、
<年齢確認のための証明できるもの(運転免許証等)をご提示ください。>とあるのですが
今まで30本の鑑賞では、一度もそういう呼び止めはありませんでした。
いわゆる “顔パス” ってヤツでした。

ギリギリだったので、びっくりしたLucyは、
「顔見りゃ~判るでしょ[むかっ(怒り)] 顔見りゃ[exclamation×2]」って、訳のわからない抗議をしました。

だって、私Lucyはともかくも[わーい(嬉しい顔)]、おと~さんが50歳以下に見えるのだろうか[exclamation&question]
若く見られりゃ~良いってものではない[パンチ]

彼はマニュアルどおりまじめに対応したまでで、何らの落ち度はないのだけれど
臨機応変に対処しても良いケースだと思うんですよね。
あわてて、おと~さんが免許証を提示して、OKとなりました。

『僕と妻の1778の物語』 はどうだったかって?

上映が始まってすぐに、隣の席から、かすかなイビキ[眠い(睡眠)]が…[あせあせ(飛び散る汗)]
プレミアスクリーンのゆったりシートで、気持ちよくお昼寝モードのおと~さん[ふらふら]
2、3回、袖を引っ張りました[あせあせ(飛び散る汗)]

大腸ガンで余命宣告された妻に、担当医から 「笑うと免疫力が上がることがある」 と言われ
夫が毎日“笑える”短編小説を書き続けて、4年10ヶ月半!
SF作家の眉村卓さんの実話を基にした映画ですが、お互いを思いやる心が溢れていました。

週1のブログも書けない私は、5年近く休まず書き続けたこと自体に感動[exclamation]
すみませんm(__)m 
比較するレベルではなかったですね~m(__)m m(__)m

      [次項有] [次項有] [次項有]

その翌日、AIBOさんの手作りブーツ&スーツでおなじみの、えふぃおさん家に招待されました。
高校1年生の一人娘 しーちゃんが、ペンタブレットでイラストを描く様子を見せてくれました。
スゴイですね~ SAIというソフトで描いてくれたのですが、マジックを見ているようでした[目]

そのうち、自室に閉じこもっていた彼女、勉強してるのかと思いきや
私たちへのプレゼント[プレゼント]に、デジタルではなくアナログで絵を描いてくれました[ぴかぴか(新しい)]

しーちゃんの絵.jpg

シネコンで50歳以下に見られた(?)私たちにピッタリの、若々しい二人でしょ!!
翌日の2月13日が、私たちの結婚記念日だったんです[るんるん]



[カメラ]おまけの写真

  そこまで春が…
  松と桜.jpg
  町で、早咲きの桜を見つけました。何という桜でしょう?

  と思ったら、昨日はあっという間に雪が積もりました。
  2月の雪.jpg
  本格的な春は、もう少し先でしょうか?



nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。